「お前らの事なんて信頼してねえぞ!」って眼差しでにらんでくるおじちゃんから感謝の言葉をもらう日が来ようなんて想像もできなかった