【命名】大叔父に私と兄の名前をつけさせた親も親族の集まりの度にその名前がいかに素晴らしいかを語る大叔父の神経がわからん