クロベーの母ちゃんは、その親戚の家業を手伝う形で生計を立て、女手一つで一家を支えていていた、所謂、貧乏な家庭だったんだ。