父「罪深い仕事は辞めなさい」パティシエの私「何が罪深いの?」父「人を病気にする仕事なんて必要ない」