【しのぶに同情】友人は食事にお金をかけるのをありえないという癖に「食べてみたかったから」と残す前提で大量注文する