【縁切】既婚の友人が頻繁に姑や夫の愚痴を言われある日耐えられなくなり出るのを止めたらかかってこなくなった。そこで私は気がついた