助手席の人間が、すれ違い様に 「オルゥアアアーーーー!」と私を威嚇。びっくりして思わず「ニャァアア アア!」