クマトモ「私は今この子とお話するのだけが楽しみと言っても一ミリも過言ではない」