斉藤トメ 「ちょっと!アンタたち包丁もまともにつかえないの?そんな機械にばっかり頼って情けない!」