廃部寸前の茶道部をたった1人で切り盛りしていて凄かった。 そんな彼女に憧れて、私は文化祭後に入部。