彼氏にDVされ続けていた友人だったが、お気に入りのマグカップを顔に投げられて「あ、もういいや知らない」となったらしく…