ウト「ったく毎朝死んだ人間の事ばっかりか!そんな暇あったら、生きてる人間に一秒でも早く朝飯を出せ!」トメ「ええ、あなたの時はそうさせてもらうわよ」