主に夜、昔の記憶と共にどろどろとした憎しみの感情として襲いかかってくる