【粘着さん】第三者の微妙な評価をわざわざ私に伝えて来て最後に「俺にとって最高なんだけどね」と付け加えてた彼