ウト死んで、生活が不安になったトメから同居要請された