部屋で1人「ばーか」と呟いた瞬間「バカはないでしょ!!」と背後の押し入れから彼氏が出てきた。元々香ばしい彼だったけど今回ばかりは流石に無理