精神的に落ち込んでいた時期、ある日現場へ行くと職人さんに「ちょっと時間ある?」と声をかけられた