近所のシンナー中毒の不良どもがある日「車の修理したいからシンナー分け下さい」ってやってきました。