車屋「たぶん大丈夫だと思います」私「絶対ではないんでしょ?」車屋「絶対ではないです」私「死ぬかもしれないのに了承できない」