介護に疲れ果てて床で寝てしまったとき、焦げ臭さで目覚めると、車イスの義母が私を見下ろしていた