もっとも恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…