少年「うん、あのね、ハゲの歌で遊んでたの。おじいちゃんごめんね」