【僥倖】大学入学直前、亡き祖父の書斎でたまたま取った1冊の本の中に数十万入りの封筒が挟まってた