本当のところ、結婚のための結婚には1ミリも興味が湧かない