俺「絶対に一人で逝くなよ。逝く時ぐらい見送らせてくれ」