園門の前で泣いていた俺に声をかけてくれたのが始まりだった