声を掛けた母に絶望した目で見られた瞬間、私の反抗期は終わりを告げた。私(15)「な、何か手伝う事ある?」母「!?」