内容も知らないのに「大したものじゃないのでいいですよ」と言った父