「おーい、19番さーん、中に入りますよー」