親鳥のように口先まで餌を持って行く祖母と、それを当然のこととする二十歳の男に鳥肌が治まらなかった