「悔しいけれどお別れです」 スペースワールド、最後の広告が泣ける