「この子は俺のオジキの子なんだよ、後のことは事務所でゆっくりと話そうや」