「お前ら本当に良いのか?覚悟は出来ているんだろうな?」