そこにずっとかじりついて手品を見ていたのが少年時代の俺だったわw