母は「私さえ我慢すれば…」で耐え忍び、救いの手をはねのけ続けたけど、子供はたまったもんじゃない