サラダバーを1人分だけ注文して、こそこそ食べ回してる一家に、俺は気づかれないように後ろから近づき「お客様!」