たった一晩だけの縁だったけど時々、思い出すの