地元に帰省して、商店街を歩いていたら、反対側から歩いてきた小学生の男の子が、私の目の前に立ちはだかって「100円ちょうだい!」