母親は私をすげー目でにらみながら、「○○ちゃんは何も悪くないわよ!」とムスメの背中をさすっていた