旦那「あっ…どうもこの家の主の○○です、妻がお世話になります。狭いところですがどうぞ妻を癒してやってくださるとありがたいです」