ケチママは毎回遊びに手ぶらで来ても、お昼を食べて行く。そんなある日、珍しくお菓子を持ってきた