喪女の私が吹奏楽部だった頃の話をしたい。 その2