好きに生きたかったのにできなかった私の人生を生きてくれているもう一人の私のような気がする