作業員さん「おお、ついに抜く者が現れたか…」