「余ってないの?」「本当に無いの?」「余ってたらなにかちょうだい」と、執拗にパン屋でねだるおばちゃん