姑「私はずっと苦労続きだった、だからアンタ達を見てるとぬるくて許せない」