私の怒声を聞いていた夫は、猫なで声の私の豹変振りに怯え、腕を折られるのではと不安だったらしい