彼「あ、スイマセン・・・ぶ、豚・・・だよね?」