義弟は檻のある施設で誰の面会もなく、余生を楽しく過ごすことになったらしい。