私『クククッ……俺にこれを外させるとは、貴様もそこそこやるようだな。』